絵本・読み聞かせ

赤ちゃんが喜ぶ人気おすすめの絵本24選【0歳から長く使える絵本】

0歳の赤ちゃんが喜ぶ、長く使えるおすすめの絵本をご紹介します。

おうちの中で過ごすことが多い赤ちゃんにとって、楽しく過ごすためのアイテムとして欠かせない絵本。

絵本の読み聞かせは、パパ・ママの声や温もりから、安心感を感じて情緒が安定する効果があります。

小さい頃から絵本に触れ、読み聞かせをすると賢い子に育つと言われていますよね。

ママ
ママ
0歳の赤ちゃんの絵本ってどれがおすすめ?

ママ
ママ
色んな種類があってどれを選べばいいのかわからないよ〜!

そんなお悩みにお答えします!

幼児教室ではたくさんの絵本に触れ、実際に自分の子供に生後4ヶ月の頃から多くの絵本の読み聞かせをしてきました。

その中から、0歳から長く使える人気おすすめの絵本をご紹介します。

ぜひ絵本選びの参考にしていただけたら嬉しいです。

0歳の赤ちゃんの絵本選びのポイントは?

赤ちゃん向けの絵本を選ぶときには、

  1. 色がはっきりしているもの
  2. 形がはっきりしているもの
  3. 破れにくいタイプのもの

を選ぶのがオススメです。

生まれてすぐの赤ちゃんが認識できるのは「白・黒、グレーモノクロ」のみ!

生後2ヶ月で最初に認識できる色が「赤」、次に「青・黄色・緑」。

生後4ヶ月で「オレンジ・紫」と認識できる色が増えていきます。

パステルカラー系の淡い色は見えないので、カラフルではっきりとした色合いの絵本を選びましょう。

赤ちゃんが喜ぶ人気おすすめ絵本24選!0歳から長く使えるものを厳選

色や形が楽しめる絵本

0歳だもん

0歳の赤ちゃんが楽しめる要素がたくさんつまった一冊!

ファーストブックにおすすめです。

イラストがとっても可愛くて癒されます。

  • 「いないいないばあ」「あっぷっぷ」などの遊びが楽しめる
  • 色の名前、模様など色々なジャンルが楽しめる
  • 絵だけでなく写真もある

しましまぐるぐる

洋服やグッズも販売されている大人気絵本!

抜群の視覚効果で、ねんね時期の赤ちゃんでも喜んで見てくれます。

私の子供も大好きで毎日欠かさず読んでいました。

  • 視力が未発達の生後6ヶ月未満でもよく見てくれる
  • ハッキリとした色合いとデザイン
  • ぐるぐる模様のソフトクリームなど、絵がかわいい

頭のいい子を育てるプチ あかちゃんごおしゃべりえほん

繰り返しの語りかけで言葉の発達をうながす絵本。

色がハッキリしていて見やすく、ページが数96ページもあってボリュームたっぷり!

  • 赤ちゃんが早く言える言葉ランキングトップ100の言葉で構成
  • ポップでカラフルな色合いと可愛いイラスト満載
  • ボードブックタイプでないので扱いには注意

まるさんかくぞう

動物や図形、乗り物などがたてに3つ並んでいて、リズム良く読むことができる絵本。

徐々にわかる月齢になってきたら、「これはなぁに?」とクイズを出すのも楽しいですよ。

  • 「まる、さんかく、ぞう」など3つの言葉と絵が並んでいる
  • 物の名前や色、形などを覚えられる
  • 楽しいリズムの言葉で何度も読みたくなる絵本

あかあかくろくろ

しましまぐるぐるシリーズの新刊!

0歳の赤ちゃんがよく見える「黒・白・赤」で構成された絵本。

1歳未満でも本当にじっくり、よーく見てくれます。

  • 白と黒を中心に赤でコントラストを効かせている
  • りんご、黒い長ぐつ、雪だるまなどポップで可愛い絵が登場
  • 「しましまぐるぐる」の作者と一緒の絵本

もいもい

東大赤ちゃんラボ発、赤ちゃんが泣きやむことで話題の絵本。

「もいもい」という丸くて不思議な形のキャラクターが出てきます。

とてもカラフルで、不思議な世界観に魅了されます。

  • 実際に赤ちゃんを審査員に迎え、科学的な研究から生まれた絵本
  • 絵本の注目度は他の絵本の倍以上
  • カラフルな「もいもい」がたくさん出てくる

音やリズムが楽しめる絵本

しゃかしゃか

ラトルと絵本が合体した新感覚絵本!

ラトルは絵本にはめ込まれていて、振ると音が鳴ってより一層楽しめます。

ありそうでなかった、面白い絵本です。

  • 中にビーズが入っていてしゃかしゃか鳴らして楽しめる
  • ラトルは、絵本の中でゾウさんのボールやお花などに変化する
  • 鮮やかではっきりとした色と可愛い絵に癒される

じゃあじゃあびりびり

大人気ロングセラー、ファーストブックの定番!

ストーリー性はなく、どのページから見ても楽しめるのが特徴。

「みず じゃあじゃあじゃあ」「いぬ わんわんわん」など、リズミカルな言葉がたくさんのっています。

  • カラフルではっきりとしたカラー
  • 絵と音で表した言葉で構成されている
  • 赤ちゃんが大好きな擬音がいっぱい

ぴょーん

ページをめくると色んな動物がジャーンプ!

かえる、ねこ、うさぎなどたくさんの動物が登場します。

でも、カタツムリだけはぴょ〜んと飛べないよ、ということも絵本を通じて知ることができます。

  • くり返しが楽しい絵本
  • 2ページにわたって書かれていて迫力がある
  • 小さめサイズなので持ち運びに最適

がたんごとんがたんごとん

「がたんごとん」とくり返しのリズムが楽しい汽車の絵本。

文字が少なめで、小さい赤ちゃんでも飽きずに見てくれます。

男の子・女の子関係なく楽しめる絵本です。

  • 汽車がやってきて、コップやスプーン、りんごにバナナを乗せて走るお話
  • リズミカルな文章でシンプルで読みやすい
  • 身近な物の名前を覚えられる

ごぶごぶごぼごぼ

鮮やかな色と不思議な擬音の世界に引き込まれる絵本。

なんと作者の子供の胎動記憶を元に作られているんだそう。

所々に小さな穴が開いていて、触ったり覗いたりして楽しむこともできます。

  • マツコの知らない世界で紹介された絵本
  • 泣く子や落ち着きのない子がピタッと静かになると話題に
  • 胎動音が絵本に描かれている

だるまさんが

泣く子も笑う!赤ちゃんが笑顔になるだるまさんの絵本。

だるまさんが…「ぷしゅー」「どてっ」など、大人も思わず笑ってしまう、明るい気持ちになれる絵本です。

  • 「だ・る・ま・さ・ん・が」とリズミカルに動き出すユーモアあふれる絵本
  • 一緒に体をゆらしたり、動きをマネして楽しめる。
  • 擬音が多めで、大笑いする赤ちゃんも!

食べ物の絵本

くだもの

とってもリアルなくだものの絵本。

ページをめくるたびにおいしそうな食べ物がたくさん出てきます。

離乳食が始まった頃にぜひおすすめしたい一冊です。

  • マツコの知らない世界で紹介された話題の絵本
  • スイカ、モモ、なし、りんごなど目の前にあるかのような感覚
  • 「さあ どうぞ」の言葉に、思わず手を伸ばしたくなる

おべんとうバス

おべんとうの食べ物たちが続々とバスに乗ってくる!

次は何が出てくるのかな〜?とワクワクする絵本です。

食べ物のキャラクターと一緒に「はーい!」とお返事して手を上げて、楽しみながら読むことができます。

  • のりもの、たべもの、お返事の3つのテーマが詰まった絵本
  • ゆるキャラのようなほんわかした絵が可愛い
  • 食べ物の名前を覚えるのにも◎

おやさいとんとん

キュートなお野菜たちがカレーになるまでを描いた絵本。

「とんとんとん」のリズムが心地よく、全体的に優しい絵のタッチが人気です。

私の子はこの絵本がきっかけで、野菜に興味を持ってくれるようになりました!

  • リズミカルな文章でとても読みやすい
  • お料理の過程が自然と分かるようになる
  • おままごと感覚でとんとん切るマネをして楽しめる

しろくまちゃんのホットケーキ

大人気ロングセラー!

しろくまちゃんがお母さんとホットケーキを作るお話です。

「ぽたあん」「どろどろ」など、ホットケーキを焼く音がリアルに表現されています。

絵本の紙が薄いので、一緒に読んであげることをおすすめします。

  • ホットケーキが焼けていく様子が描かれている所が赤ちゃんに大人気
  • 出来上がるまでのワクワク感が楽しめる
  • 鮮やかなカラーと色彩で、おいしさが伝わってくる

まるくておいしいよ

丸くて美味しい食べ物がたくさん詰まった絵本。

まず初めに、カラフルで色々な丸のシルエットが出てきます。

ページをめくると、思わず食べたくなってしまうような食べ物がたくさん!

  • どれもほぼ実物大で描かれている
  • 食べ物の名前や形が覚えられる
  • この丸は何かな〜?とお話しながら楽しく読み聞かせができる。

りんご

本物そっくり!リアルな「りんご」の絵本。

赤いりんご・黄色いりんご・ピンクの3つの種類のりんごが出てきます。

  • 全体的に温かみがあり、きれいな色合い
  • 本物みたいにリアルに描かれている
  • りんごをむいて、切って、食べるまでの過程を一緒になって楽しみながら読むことができる。

スキンシップがとれる絵本

くっついた

動物どうし、ママ・パパと赤ちゃんが仲良く「くっついた!」

幼児教室でも人気が高く、本当に心温まる絵本です。

くっついた!と子供と頬をくっつけていたら、自分からギュッとくっついてくるようになりました。

  • ページをめくると、2つのもの同士がくっつくというお話
  • 親子でスキンシップが取れる
  • 読んだ後に幸せな気持ちになれる

おめん

絵本がいろいろな動物や食べ物のおめんに大変身!

目の部分が開いていて、おめんになる絵本です。

ねんねの時期から使えて、2歳頃になったら自分で動物になりきる。という使い方ができて、本当に楽しい!

  • ライオン、ぞう、イヌ、リンゴ、すいかなどたくさんの種類がある
  • 値段が安いのにページがしっかりしていて破れない。
  • 動物の鳴きマネをして遊べる

いないいないばあ

発売から50年!長年愛されているベストセラー。

子供のころに読んだことがある方も多いのではないでしょうか?

この絵本はなんと日本で1番売れている絵本だそうです!

  • いろんな動物たちがいないいないばあ 
  • ファーストブックにオススメ
  • 赤ちゃんが自然と笑顔になることで話題に

ばいばい

たくさんの動物たちと「こんにちは」「ばいばい」をする絵本。

「キリンさん、バイバーイ!」と言って手を振っていたら、子供もマネをするようになり、あいさつを覚えてくれました。

  • あいさつが自然とできるようになる絵本
  • 小さめサイズで厚紙なので持ち運びも◎
  • 動物の名前とあいさつも覚えられる

な〜でなで

脳に良い【指遊び】が自然にできる絵本です。

「な〜でなで」といいながら色んなものをなでなでして楽しめる素敵な絵本。

とってもカラフルな絵本なので、0歳のうちは見るだけでも良い刺激になりますよ。

  • 手先をたくさん使える
  • 動物の名前や色の名前が覚えられる
  • 色がハッキリしていて鮮やか

いないいないばああそび

あの「いないいないばあ」が絵本になった、大人気ロングセラー。

ページをめくると、「ばあ〜」と可愛い動物たちが登場します。

この絵本、思わず笑顔になってしまいますよね〜!

  • 縦に大きく開くタイプでとても見やすい
  • ボードブックのお出かけ版(小型版)もある

0歳の赤ちゃん時期から絵本をたくさん読もう

0歳の赤ちゃんから長く使える、おすすめの絵本をご紹介しました。

ぽむ
ぽむ
まだ言葉がわからなくても、たくさん絵本を読むことは脳にとても良い刺激になりますよ。

まだ早いかな?と思わずに年齢に合った絵本を選んでどんどん読んであげましょう。

赤ちゃん・幼児向け図鑑はいつから?0歳1歳2歳向けおすすめ11選

赤ちゃん・幼児向け図鑑はいつから?0歳1歳2歳向けおすすめ11選図鑑はいつから使える?赤ちゃん・幼児向け図鑑の人気おすすめをご紹介します。0歳1歳2歳から長く使える図鑑が知りたい方、どのような図鑑を選べば良いのかわからない方必見です。幼児教室での講師経験や実際に子供に0歳の頃から多くの図鑑を読んできた中から厳選しました。是非ご覧ください。...

ミニ絵本・小さい絵本の人気おすすめ20選【500円代で買える絵本】

ミニ絵本・小さい絵本の人気おすすめ20選【500円代で買える絵本】ミニ絵本・小さい絵本の人気おすすめが知りたい方。お出かけ用にもピッタリな500円代で買える絵本をご紹介します。0歳の赤ちゃんから使えるので、プレゼントにも。ミニ絵本・小さい絵本はどれが良いか迷っている方ぜひご覧下さい。...