知育

フラッシュカードの効果は?弊害はある?やり方のコツを学んで記憶力UP!

フラッシュカードってどんな効果がある?
正しいフラッシュカードのやり方のコツをご紹介します!

0歳から取り組める知育として人気を誇るフラッシュカード。
おうちでも手軽に出来る知育教材の一つです。

幼児教室では必ずといってもいいほど使われており、「脳を活性化させて記憶力を高めるといった効果が期待できると言われています。

  • フラッシュカードって本当に効果あるの?
  • フラッシュカードの弊害のウワサを聞いたけど、大丈夫かな?
  • 効果的なやり方のコツってある?

こんな疑問にお答えします!

子供が0歳のお座りが出来るようになった頃から、たくさんのフラッシュカードを使ってきました。

幼児講師として学んだ経験をもとに、フラッシュカードの効果や弊害のウワサ、正しいやり方のコツついてご紹介します。

ぽむ
ぽむ
正しい使い方で行わないと効果が得られない場合があるので、是非参考にして下さいね!
こんな方におすすめ
  • これからフラッシュカードを始めてみようと思っている方
  • フラッシュカードの弊害が気になる方
  • 効果的な使い方が知りたい方

フラッシュカードの3つの効果

右脳を活性化させ記憶力を高める

フラッシュカードは、右脳を活性化させることで大量の情報をインプットすることができると言われている知育教材です。

右脳:見たものをそのまま記憶したり、想像したりするイメージ脳
左脳:表現したり、理解したりする言語脳

脳が急激に発達する幼児期に、フラッシュカードのように高速でたくさんの情報を見せることで右脳の働きが高まります。

右脳を活性化させることで、見たものをそのまま覚えるという記憶力をどんどん高めていくことができます。

語彙力が増え、好奇心を育む

フラッシュカードにはさまざなジャンルがあり、繰り返すうちに語彙力が増えていきます。
たくさんの言葉や物の名前を知っていれば知るほど、色々な物事への興味や関心が高まり、好奇心あふれる子供に育つと言われています。

くま
くま
例えば、フラッシュカードで動物の名前を覚えていたとします。

動物園に行った時に、すでに動物の名前を覚えている子は実物を見た時に「あ、これ見たことある!」と、ワクワクしながら見ることでもっと深く知りたいと思うようになります。

実際に現実のものとリンクさせることが大切!発見した時の喜びと、知ることの楽しさが好奇心を育てます。

頭の回転が早い子に育つ

フラッシュカードを使うと、右脳と左脳を結ぶ脳梁(のうりょう)という神経の束が太く発達していきます。

この脳梁が太くなることで両方の脳の伝達がスムーズになり、一度にたくさんのことを考えたり処理することができます。

アインシュタインは脳梁が太く、右脳と左脳の伝達が活発だったため、普通の人では考えられないような発想や発明ができたといわれています。

フラッシュカードで弊害が出るウワサとは?

フラッシュカードで弊害が出る根拠はない

フラッシュカードで検索すると、「フラッシュカード 弊害」というワードが出てきます。

結論から言うと、フラッシュカードが原因で弊害が出たという根拠は全くないのですが、フラッシュカードを実践していた子供が、

  • 独り言をぶつぶつ言うようになった
  • 奇声をあげるようになった
  • 鬱っぽくなった
  • 夜泣きが酷くなった

などの噂が広まったのがきっかけ。

でもこうなってしまった理由としては、

  • 子供が嫌がっているのに無理やりフラッシュカードを続けた
  • 親の一方的な教育で、長時間座らされて見せ続けた
  • フラッシュカードを使っただけでアウトプットをしていない

この3つが主な理由です。

ぽむ
ぽむ
これじゃあ子供にとっては嫌で苦痛でしかたないですよね。

フラッシュカードで有名な七田式も、長年の研究により、正しい使い方をしていれば弊害はないと断言しています。

フラッシュカードの弊害は事前に予防できる

そもそもフラッシュカードが原因で弊害が出たとの科学的根拠はありませんが、誤った使い方をしなければそういった事は防げます。

子供が嫌がったらすぐ切り上げる

飽きてしまったり、嫌がったりしたら無理やり続けるのはやめてすぐに終わりにしましょう。
フラッシュカードが嫌いになってしまう原因にもなり、不快な記憶として脳に蓄積されていきます。

必ずアウトプットする時間を作る

フラッシュカードは、大量の情報を右脳にインプットします。ですが、アウトプットしなければただの知識の詰め込みになってしまいます。

ぽむ
ぽむ
覚えたものを言葉にしたり、表現したりする訓練が必要なのです。

これから始めてみよう思っている方は不安になってしまいますよね。
これまでたくさんのフラッシュカードを使ってきましたが、弊害が出たと感じた事は一度もないです。

周りでもそんな話は聞いたことがないので、誤った使い方を使い方をしなければ大丈夫!

フラッシュカードの効果的なやり方【コツ・注意点】

カードをめくるスピードは1枚1秒以下 

右脳の働きを活性化させるには、1秒以下の高速でカードをめくることが重要です。

ゆっくりのスピードだと、左脳が働いてしまい右脳のスイッチが入らないんだそう。

とにかく素早く!めくりましょう。最初は少し難しいけど、練習あるのみ!

カードをめくるときは後ろから前へ

フラッシュカードをする時は、後ろから前へめくりましょう。

逆だと素早くフラッシュするのが難しく、時間がかかってしまいます。

カードの束を持つ手は動かさない

カードを持っている手が動いてしまうと、カードに描かれたものが見えづらくて子供の集中力が切れてしまいます。

常にカードはブレないように、持ち手は固定!を心がけましょう。

指で絵が隠れないように注意する

フラッシュカードをするときは、カードに描かれているものが指で隠れてしまわないように注意しましょう。

見たままを記憶するので、特にドッツカードや数字のカードは気をつけましょう。

ぽむ
ぽむ
なるべく端の方を持って、カードの絵にかからないようにするのがポイントです。

1日5分程度にする

フラッシュカードは、幼児教室でも1日5分程度を推奨しています。

短時間で最大限集中し、たくさんの情報を一気に脳に取り込むため、長時間行っても集中力が続かず飽きてしまいます。

依存性も高いので、1日の目安の時間を守りましょう。

フラッシュカードの効果的なやり方【アウトプット方法】

フラッシュカードは、インプットするだけではなくアウトプットすることが本当に大切です。

やりがちなのが、子供にひたすら見せるだけで終わってしまうこと。

右脳で記憶したものを左脳で考えて言葉にしたり表現したりすることで、2つの脳を繋ぐ神経が発達して記憶力が更にアップします。

きちんとアウトプットもしていきましょう!

フラッシュカードの絵を当てるクイズ

まだ言葉が喋れない時期からでも実践できるアウトプット方法です。

  1. フラッシュカードの中からランダムに2枚ピックアップします。
  2. 「◯◯はどっち?」とクイズを出して、子供に正しい方を選んでもらいます。
  3. 慣れてきたら、3枚、4枚と枚数を増やしていきます。
ぽむ
ぽむ
まだ言葉が話せない子でも、結構できるようになるのでビックリ!

フラッシュカードの名前を子供自身に言わせる

フラッシュカードを見て、その言葉を子供に言わせる方法です。

「これは何かな〜?」
「りんご!」

慣れたら、表と裏の絵と文字両方の面を見せましょう。
アウトプットできるのと同時に、文字の読みも覚えられるのでおすすめです。

フラッシュカードに書かれているものについて質問する

例えば、乗り物のカードだったら「これは何色?」「タイヤは何個あるかな?」「どんな時に使うのかな?」など思いついたことを質問して答えさせます。

想像させて、それを言葉で伝える訓練ができます。

フラッシュカードは成長に合わせたやり方とコツをつかめば効果が上がる

フラッシュカードはただフラッシュして見せるだけものだと思われがちですが、指差しクイズや質問して子供に考えさせるという使い方もできます。

言葉や物の名前をインプットするだけではなく、成長に合わせてアウトプットする方法を取り入れることで、より記憶力や思考力などが上がる効果が期待できます。

ぜひみなさんもこの効果的なやり方を試してみて下さいね!

フラッシュカードのおすすめと選び方をまとめました。合わせてご覧ください。

フラッシュカードはくもん・七田式どちらがおすすめ?選び方を徹底解説!

フラッシュカードはくもん・七田式どちらがおすすめ?選び方を徹底解説!フラッシュカードのおすすめが知りたい方へ。フラッシュカードといえばくもんと七田式が有名です。本記事では、くもんと七田式のフラッシュカードの違いや選び方について詳しく解説しています。これから始めようと思っている方、どれを選べば良いか迷っている方もぜひご覧ください。...

ドッツカードの効果やメーカーごとの特徴を詳しくまとめました。

ドッツカードの効果は?いつから何歳まで?数字に強くなる使い方!

ドッツカードの効果は?いつから何歳まで?数字に強くなる使い方!ドッツカードの効果や使い方が知りたい方必見!いつから何歳まで使えるのか、どんなメーカーのものがあるのか、ドッツカードについて詳しくまとめています。数字に強い子に育てたい方、効果的な使い方をしたいと思っている方もぜひご覧ください。...